外出時に時間を確認するためにあると便利なのが腕時計です。携帯電話などで時間を確認することができるからいらない、と思う方も多いでしょうが、携帯電話を取り出すことができない場面や、すぐに確認したいときなどに腕を見るだけで良いというのは便利で大きなメリットということができます。しかし、いつも付けているものだからこそ、ベルトのデザイン性には配慮したいものです。いつも着ている洋服の傾向とあまりにもかけ離れているものを身に着けていると、なんとなくちぐはぐな印象を与えてしまいます。そのアイテム自体の魅力はもちろんですが、洋服と合わせてどうなるかという事を考えながら選んでいきましょう。どのような選び方をするか、使い方の工夫なども含めて考えておくようにしたいものです。

いつものファッションに合わせてみるのがコツ

手はよく動くところですから、人の目に留まりやすい部分でもあります。そこにあまりにも普段のファッションとかけ離れたものを付けていると変に目立ってしまうという事もあるのです。まずは通勤や、普段の生活の中でするファッションに合わせる形で腕時計のベルトを選んでいきましょう。基本的にはベーシックな黒やブラウンなどの色を選んでいくのがおすすめです。比較的どのような色にも合わせやすいですし、スーツなどにも良く合います。明るめの色のファッションが多い方は白などもおすすめです。金属製のものだと、ブレスレットのような輝きをプラスしつつ、どのようなファッションにも合わせやすいといえます。始めの一本はこうしたベーシックなところから選んでいくようにするのが良いでしょう。

ちょっと遊び心を取り入れたいなら

派手なファッションが好きで、休日には鮮やかな色の服を着たいという場合、それに合わせた選び方をするのもよいでしょう。二本目の時計として、ちょっと遊び心のある色や柄のものを取り入れてみるのもよいです。女性なら、ビーズでブレスレットのように作られたものなど、アクセサリー代わりとしても使うことができるものもあります。二本目を探すのであれば、こうしたものを選んでみると変化をつけやすく、ファッションのポイントにもなりより多くの楽しみが生まれます。ベルトがかえられるタイプのものなら、たまに替えベルトに付け替えて楽しんでみるのもよいでしょう。劣化してきたら、メインの時計は別に買って、今使っているものは好きなものに付け替えて楽しんでみるというのもよいでしょう。

一流ブランドのベルトを製造しています。 斑の美しい高級ワニ革なども全て手作業によって時計ベルトへと変わります。 クロコダイルもオーストリッチも厳選された素材を使用しています。 時計ベルトの裏地もアルサベルという上質な子牛革を使用しています。 当社のこだわりは、一級品とよばれる素材を手作業で製造することです。 各店舗でのフェア・イベント情報もご覧いただけます。 時計のベルト買い替えをお考えの方へ