自分好みの時計のベルトの探し方

スーツの時の腕時計の選び方を知りたい人もいるでしょう。特定のブランドなどをチェックするのも良いのですが、機能性なども面も確認することが大切です。最近ではスマートフォンなどで時間を確認する人も多いでしょう。腕時計の需要が減ってきているとされていますが、ファッション的な要素として身に着けることもできます。選択肢としてはまずベルトの部分を確認しましょう。以前はスーツに合わせるなら革製が良いとされていましたが、革製だけでなく金属製の特徴やメリットなども知っておくのがおすすめです。革製はスーツに似合うというメリットがあります。理由としては靴や鞄などの革製品をスーツに合わせて着こなすためであり、ベルトについても革製の方が合うと考えられているのです。

革製品に合わせて選んでいくのがおすすめ

スーツに合わせる靴や鞄などの革製品は黒が多いため、時計も黒系で揃えると良いかもしれません。もちろんスーツの着こなしは人によって異なりますし、好みに合わせて色を選んでいくのがおすすめです。革製のデメリットは汗などの臭いが染み込みやすいということです。臭いはきちんとケアをしていれば気にならないこともありますが、シャツの袖のカフス部分が切れやすくなってしまうことがあります。ワイシャツの多くは綿素材なので水分を含む摩擦に弱いですし、シャツ自体の汗の水分と革バンドに含まれた汗の水分、接触する摩擦によって切れやすくなるということです。金属製は革製に比べて重厚感があるというメリットがあります。しかし、金属アレルギーのある人は身に着けることができないでしょう。

仕事でもカジュアルでも使えるアイテム

仕事だけでなく、カジュアルでも兼用できるものを探している人もいるでしょう。まずはケースサイズと厚さがポイントであり、直径40mmぐらいまでのケースサイズは厚さに関係なく利用することができます。ケースサイズが大きくなりすぎるとカジュアルな感じになりますし、薄いと安っぽい感じになります。文字盤の色は黒ベースか白ベースならシーンに関係なく使いやすいでしょう。スーツでもカジュアルでもネイビーなどが多い場合、文字盤のベースを青系にするのもおすすめです。茶系の革製品を身に着けることが多いなら青系の文字盤を選んでも良いでしょう。ビジネスマンの腕時計はベルトを交換するだけで着こなしに幅が出てくるということです。革製も金属製も苦手な場合、ナイロンタイプを選んでも良いでしょう。ダーク系統の色ならビジネスでも使いやすくなっています。